にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  ←応援クリックをお願いします。

日本ブログ村

日本の高配当株積水ハウス<1928>について

今回は日本の高配当株の一つ、積水ハウスについて記入していきます。

CMでも同じにの会社なので知っている方も多いと思います。

積水ハウスは日本の大手ハウスメーカーです。

研究開発から設計施工・アフターメンテナンス、リフォームまでを一貫したサービスを提供しています。

近年の業績推移は以下の通りです。

引用:https://www.sekisuihouse.co.jp/company/financial/highlight/

近年は徐々に売り上げを伸ばしています。

2019年は株価が約1.5倍に跳ね上がりましたが、コロナ影響により

現在は2,013円と年初より下がっています。

それでも2019年初期よりは上がっている為、株価でも成長がうかがえます。

では肝心の配当金を見ていきましょう。

2018年:77円

2019年:79円

2020年:81円

2021年:86円(予定)

配当金も年々向上しています。現在は配当性は約4%になっています。

1000株保有すると、お米が5kgもらえるので、そちらもうれしい限りです。

来年はコロナ影響で上昇幅は下がる可能性も高いですが、今後もまだ期待できそうです。

配当性は39.4%の為、まだ配当金に余裕はあります。

また、配当の確定日が1.7月の為、他の株とも被りづらく、

分散して配当金を受け取れるのでその点も僕は好きです。

なぜ、少子化の中、売り上げが上昇しているかを見ていきましょう

その理由の一つが、節税対策の賃貸住宅が好調だからです。

特に、「シャーメゾン」ブランドとして展開する賃貸住宅が人気です。

上物を建てると土地の評価額を引き下げられるため、

節税を目的とした住宅建設が増えているもようです。

この節税の動きはすぐに変化するものではないので、

しばらくは需要に期待がもてそうです。

今後のことも期待して保有する価値はある株だと考えています。

但し、今後のコロナやオリンピックの影響も大きく受けそうなので、

株取引は集中投資せず、分散投資を心がけましょう。

↓↓↓↓ ブログ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村