応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村リンク

▲良い記事なら応援をお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[定期預金]高金利のオリックス銀行について<その2>

NEWS
スポンサーリンク

オリックス銀行について<その1>


オリックス銀行の概要

東京都に本店を置く、オリックス傘下の銀行です。

主力商品は、インターネット専用の定期預金「eダイレクト預金」

預金業務ではインターネットや電話などを通じた

取り引きを中心し、運営費を抑え、

高水準の預金金利を提供しています。

現在はコロナ化ということもあり、

世間的なニーズにも合った銀行となっています。

業績

近年は右肩上がりの当期純利益となっています。

2020年はわずかに下がっていますが、

日本全体の経済落ち込みとなっている為、

悲観する状況でもないと思います。



金利

オリックス銀行のウリは何といっても定期預金での高金利

その中でも2週間定期の0.1%というのは非常に魅力的です。

それ以外の長期間の定期は以下の金利となっています。

いまいち金利に対してイメージがわかない人も多いと思うので

例を挙げて説明します。


例:100万円の預金を5年間定期にした場合

(一般的な銀行の定期預金:0.02%とオリックス銀行の0.28%の比較)

※利息には現在の国税と地方税を合わせた税率20.315%


差額としては5年で約1万円となっています。

これを多いとみるか少ないとみるかは人それぞれです。

株の配当金と比べてしまうとかなり低額ですが、

価格が減少リスクは少ないため、選択肢の一つとしては

ありだと考えています。

その中でもオリックスの2週間で年利0.1%という

定期預金の商品について解説していきます。

年利で0.1%だと2週間ではいくらか?というと

預金額*0.1/365*14 となります。

例えば、100万円預けた場合は38円(手取り30円)となります

それが2週間に1回受け取ることができます。

定期預金の場合は満期前に解約してしまうと

金利が落ちてしまうことがほとんどで、

もし長期の定期預金にしている最中にお金が必要になった場合

今まで預けていた期間分が無駄になってしまう恐れがあります。

短い期間の定期であればそういった心配もほとんどない為、

非常に安心です。

総括

オリックス銀行は対面式ではない

現代の仕組みに非常に適した預金体系であり、

高金利の定期預金を兼ね備えた銀行です。

振込手数料は他行宛ては2回まで無料であり、

2週間定期といった商品も兼ね備えた

定期預金の預け先として使い勝手のよい銀行となっています。

定期預金を考えている方はの選択肢と一部として、

考えてみるのもありだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました