にほんブログ村ランキング挑戦中
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村
▲良い記事なら応援をお願いします

[銘柄比較]高配当株MOとXOMで投資した場合どちらが儲かるのか?

銘柄紹介

米国の高配当株として有名なMO(アルトリア)とXOM(エクソンモービル)について、過去の実績から

どちらに投資をした場合に儲けがより出ているのか?

という疑問に対して、実際にシミュレーションをしてみました!!

高配当株は本当に儲かるのか?という疑問に対しても

過去の実績上からは答えられる為、参考ください!!

※あくまでも過去情報を参考にしている為、今後もこうなる

というわけではありません

スポンサーリンク

高配当株における運用損益の比較

米国株の中で高配当となっているMO(アルトリア)とXOM(エクソンモービル)

タバコ産業と、石油産業というどちらも

今後伸びていく業界の産業ではありませんが

生活の必需品となっている産業です。

新規参入しづらくメーカーが限られており、

現状は新たな設備投資をしなくても、

安定した収益をあげられる分野です!

じょん<br>じょん
じょん
じょん

どちらも高い配当利回りだから気になる銘柄だけど

実際に運用するとしたらどちらがいいのだろう?

その二つの産業での代表銘柄的な2社における

配当金と運用した場合の損益を過去5年間から算出してみます。

じょん<br>じょん
じょん
じょん

実際に運用してみたらどうなるかを過去実績から見てみよう!!

各銘柄の事業紹介

シミュレーションの前に過去にブログ内で紹介している

2銘柄についての企業紹介を参考ください。

<MOについて>

MOってどんな企業?米国のたばこ産業の中で最大の企業です。

また高配当金でも有名で高い配当利回りを誇っています。

※詳細は以下のページ参照ください

<XOMについて>

XOMってどんな企業?オイルメジャーの中でも最大級の企業です。

こちらもMO同様に高配当金で有名で高い配当利回りを誇っています。

※詳細は以下のページ参照ください

過去5年から損益を算出

条件:毎年年初に100万ずつ購入する(2016-2020の5年間)

5年間の配当金は全て次年に同株を購入するのに使用する

5年経過後の運用実績を比較 (1$は110円とする)

じょん<br>じょん
じょん
じょん

参考例なので全く条件を合わせて求めてみます

MO:アルトリアの場合

 MO  株価 配当(1株) 株数 株数計 残金
($)
年間配当
($)
損益
($)
201658.240.731561565.5679.7179.7
201768.230.7513429033.456152.251,790.4
201870.40.7713142154.306226.912,646.6
201950.30.8218660716.425348.41-5,467.1
202049.630.8719079726.143485.37-5,388.4

MO:最終結果 株数 797 株 損益-5,388.4$ 年間配当金 485.37$

2021年現在の株価で損益換算 -11,121$
              →-9,105ドル ※2021/02/25現在

XOM:エクソンモービルの場合

 XOM  株価 配当(1株) 株数  株数計 残金
($)
年間配当
($)
損益
($)
201674.690.7312112153.5161.83161.8
201788.50.751042252.341118.121,851.0
201886.750.7710633115.966178.401,635.6
201971.150.8213046135.875264.61-3,263.4
202070.330.8713359437.599361.74-3,279.6

XOM:最終結果 株数 594 株 損益-3279.6$ 年間配当金 361.74$

2021年現在の株価で損益換算 -15,423$
              →-11,413ドル ※2021/02/25現在

2020年  MO:-5,388.4 XOM:-3,279.6

2021年(現在)  MO:-9,105  XOM:-11,413$

じょん<br>じょん
じょん
じょん

2020年時はXOMのほうが上回っていますが、

2021年に大幅に株価が下落したことにより

MOのほうが現在は価値が高いです!!

但しどちらも大幅に損していることが分かります。

現在は健康志向・環境志向に代わってきている為、

どちらも世間的に逆風が吹いている業界となっています。

MOは5年後(約5万ドルの投資)に年間485ドルという高い配当金となっています。

一方XOMも5年後(約5万ドルの投資)に年間362ドルと高配当金ではあるものの

MOには適わない結果となっています。


とはいえすぐには移行できないため、

タバコは加熱式タバコや、電子タバコ等のニコチンが出ない商品

エネルギーはクリーンエネルギー等の代替えエネルギーに

徐々に移行していくと思われます。

銘柄比較した結果のまとめ

今回の検証ではどちらも大幅に損していることになりますが、

その前の5年で実施したときには全く違う結果となります。

じょん<br>じょん
じょん
じょん

その前の5年間ではどちらも株価が上昇しています!!


また、今後は新型コロナが収束した場合は両産業も

株価がある程度は戻ることが想定されます。

(元の水準まで復帰するかは分かりませんが)

今回の検証で言えることは銘柄を選ぶうえで大事なことは、

現在の配当利回りだけで選ぶのではなく、

リスクを分散するために銘柄や産業を集中しすぎないことが重要

と考えます。

じょん<br>じょん
じょん
じょん

もし上記のように、この二つの銘柄のみに5年間で

1000万円運用した場合、-200万円の損益….

そうなるとショックが大きいですね

もちろんその産業の予測が立てられれば、

最も利益をあげることは可能ですが、かなり困難です。

現在の新型コロナのような流行する病気を予測することは

ほぼ不可能です。

その回避策の一つとしてS&P500やダウ工業平均に連動する

ETFを選ぶのも手段の一つです。

自分なりにやりやすい投資の形を見つけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました